ジレンマ

ようこそ ゲストさん

昨年も情報共有のご協力ありがとうございました!gogo.gs Member Award 2016 発表中です! new

ブログ

ジレンマ  - 2015年12月17日  [コメント]

スタンドラリーを始めて1年半過ぎたあたり、今年の秋頃から
明るさを補うために画像調整ソフトを使うようになりました。

これはSnapseedというフリーソフトで、私のスマートフォンに
ダウンロードできるアプリはこれだけだったから(編集にPCは使っていません)。

これを使うようになってからは、逆光や夕暮れ時で全景が暗くなり過ぎて、以前なら
ボツにしたであろう画像を画像調整して、アップロードできるようになりました。
加えて、順光でも今まで店内が暗くなっていた画像の弱点もいくらかカバーできます。

以前ブログにて皆様に相談を寄せていた「店舗全体をムラなく均一の画像にしたい」
という願望もこのソフトのお陰で幾らかは達成できています。
(12/14に愛知で撮影した時は1日中曇っており、どれも暗めの画像のため、
このソフトで大幅に「明るさ調整」して光量を補う事ができました)。

反面、この「明るさ調整」を使うと、SSが本来持っている自然な色合いが失われ
特にSSの「顔」とも言えるサインポールやキャノピーの色は実際より薄くなってしまい、
原色が鮮やかなコスモやENEOS系列のSSは納得いく仕上がりにはなっていません。
(なぜか、外資系のEMGK系列と準外資系のSHELL系列のSSはそれほど不自然ではない)。
サムネイル段階ではそれほど違和感はないのですが、PC画面で拡大閲覧した場合は
不自然な画質が露呈されて、すこし後悔しています。

以前「ソフトを使い過ぎるとSS全体が白っぽく見えるので止めた方がいい」
と言っておられた方もいたため、果たしてソフト調整が良いのか、いま悩んでいます。

ソフトを使って店内が明るく見える状態が、SSの紹介画像として相応しいのか、
それともソフトを使わずに撮影した自然な状況のまま投稿したほうが良いのか。

SSの立地条件に応じて撮影時間を選ぶのがベストなのは分かっていますが、
それだと1日に撮影できるSSの数が限定されてしまい、現実的ではありませんので
今回は、あらゆる時間帯での撮影画像を加工すべきか否か、聞きたいのです。

投稿専門・閲覧専門ユーザーさま問わず、広くご意見を頂ければ幸いです。





関連スポット

コメント

コメントにはログインが必要です。

ページの一番上へ