クチコミ募金イメージ

支援活動

植林をする子供たち本プロジェクトでは、財団法人オイスカがアジア・太平洋地域を中心に進める「子供の森」計画の支援を行います。
月ごとに投稿ポイントから算出した募金額を、毎月1ヶ所、計12ヶ所の地域への支援に割り当てます。
支援対象の地域と実績は、以下の支援マップで確認いただけます。


※ 「子供の森」計画とは、次代の主役である子どもたち自身が学校の敷地や隣接地で苗木を植え育てていく実践活動を通じて「自然を愛する心」「緑を大切にする気持ち」を養いながら、地球の緑化を進めていこうというプログラムです。

合計実績

¥509,704 (2008年3月-2009年2月)

* 本プロジェクトは上記期間の全12回を持って終了いたしました。
支援マップ
Loading...
オイスカとは

植林をする人たち 財団法人オイスカ(以下オイスカ)は1969年に「すべての人々がさまざまな違いを乗り越えて共存し、地球上のあらゆる生命の基盤を守り育てようとする世界を目指す」というオイスカ・インターナショナルの基本理念を具体的な活動によって推進する機関として生まれ、主にアジア・太平洋地域で農村開発や環境保全活動を展開しています。特に人材育成に力を入れ、オイスカの研修を修了した各国の青年は、それぞれの国で農村開発に取り組んでいます。また26の国と地域において、子供たち自身が、学校の敷地や隣接地で苗木を植え育てていく実践活動を通じて「自然を愛する心」「緑を大切にする気持ち」を養いながら、地球の緑化を進めていく「子供の森」計画を展開しています。国内では植林や森林整備活動、また農林業体験やセミナー開催などの啓発活動を展開しています。

財団法人オイスカのサイト:http://www.oisca.org/

上へ戻る