ガソリン関連ニュース&お知らせ

ガソリンスタンド関連のニュースやサービスからのお知らせ、ガソリン価格集計レポートを配信しています

2018年12月20日

出光と昭和シェルが2019年4月に経営統合!石油元売りの勢力図はどう変わる!?

こんにちは。
gogo.gs事務局 古沢です。

先日、2018年12月18日に開催された臨時株主総会で、出光興産と昭和シェル石油の経営統合が承認 されましたね。
これで、2019年4月1日より、出光興産は昭和シェル石油を子会社化 することとなりました。

しばらくの間は、ガソリンスタンドのブランドとして、「出光」「昭和シェル」ブランドは 共に残る そうです。

ただ、先に経営統合したJXTGホールディングスは、現在「ESSO」「Mobil」「ゼネラル」のブランドを「ENEOS」に転換中です。
出光・昭和シェルに関しても、この先、ブランドの統一の可能性はあるのでしょうか?

出光興産と昭和シェル石油の経営統合が正式に決まったところで、大手元売りブランドごとに、全国のガソリンスタンドの店舗数はどうなっているのか!?

その店舗数と割合を比較してみましょう。

ENEOS出光昭和
シェル
コスモその他
店舗数13,1423,5052,9892,7896,740
割合45.1%12.0%10.2%9.6%23.1%

注1)2018年12月20時点で、gogo.gsに登録されている店舗数を集計しております。
注2)2019年7月までにENEOSへの転換が決定しているESSO・Mobil・ゼネラルについては、ENEOSとしています。



出光・昭和シェル統合後の石油元売り大手3社の店舗数の割合を、グラフで比較してみました!

やはり「ENEOS」は、45.1%とガソリンスタンド全体の半数近い店舗数を占めていますね。

続いて、出光と昭和シェルが統合する「出光昭和シェル」が 22.2%、「コスモ石油」が 9.6%となります。

コスモ石油の倍が、出光昭和シェル
出光昭和シェルの倍が、ENEOS
ざっくりですが、倍ずつとなっていますね。

店舗数を比較すると、ENEOSの店舗数には、出光昭和シェルとコスモ石油を足しても追い付かない程、差があります。

改めて数値で見ると、ENEOSの店舗数の多さに、驚きます。

ガソリンスタンドのブランドは、地域によっても店舗数に差が出ますので、都道府県別の割合を見てみましょう。

出光・昭和シェル統合後の数字にも、注目してください!

ENEOS出光昭和
シェル
コスモ
北海道44.716.29.16.6
25.2
青森県34.38.17.412.5
15.5
岩手県42.816.59.39.9
25.7
宮城県46.110.911.113.1
22.0
秋田県35.814.65.19.7
19.6
山形県40.98.48.410.5
16.7
福島県40.912.410.68.2
22.9
茨城県57.67.310.19.5
17.4
栃木県44.19.612.813.1
22.4
群馬県40.214.48.515.5
22.9
埼玉県51.111.612.810.3
24.3
千葉県54.414.58.610.0
23.0
東京都58.214.412.67.2
27.0
神奈川県58.513.211.16.9
24.3
新潟県42.514.716.26.6
30.9
富山県50.915.911.34.3
27.2
石川県36.79.812.79.8
22.5
福井県41.717.712.06.8
29.7
山梨県51.87.95.96.2
13.8
長野県56.210.813.98.8
24.7
岐阜県41.014.711.79.7
26.4
静岡県49.511.314.07.2
25.3
愛知県44.113.111.010.6
24.2
三重県33.813.412.116.1
25.5
滋賀県54.213.08.412.4
21.4
京都府44.916.28.912.1
25.1
大阪府49.312.09.015.1
21.0
兵庫県41.417.210.78.6
27.9
奈良県39.714.010.914.0
24.9
和歌山県28.96.710.116.9
16.9
鳥取県37.515.68.04.5
23.7
島根県39.115.39.411.6
24.7
岡山県43.811.611.16.8
22.8
広島県50.413.37.87.2
21.0
山口県42.218.110.48.8
28.5
徳島県32.65.217.214.5
22.4
香川県42.010.99.511.5
20.4
愛媛県32.38.65.111.3
13.7
高知県33.28.610.211.7
18.8
福岡県42.611.011.58.1
22.5
佐賀県36.55.713.57.1
19.3
長崎県39.67.713.77.7
21.5
熊本県38.66.85.28.1
11.9
大分県43.410.79.813.9
20.6
宮崎県31.34.26.19.7
10.3
鹿児島県53.17.94.87.3
12.6
沖縄県49.56.23.71.5
9.8


お住いの都道府県は、どのような割合となっておりますか!?

出光・昭和シェルの割合が多いのは 新潟県(30.9%)・福井県(29.7%)、少ないのは 沖縄県(9.8%)・宮崎県(10.3%)となります。

地域により、ブランド毎の店舗割合に大きく差が出ていますね。

地域により差があるとは言え、これから出光・昭和シェルの間で、クレジットカードやポイントカード等の相互利用が始まれば、より利便性が増しそうですね。

ガソリンスタンド利用者としては、経営統合による利便性を早く受けたいものです。

以上、出光・昭和シェルの経営統合により、ガソリンスタンドのブランド毎の店舗数・割合がどう変化するのかを、gogo.gsに登録されている店舗数を元にお届けいたしました!

次号では、出光興産と昭和シェル石油の経営統合に至るまでの経緯を、詳しく解説いたします。
お楽しみに!!
コメント投稿

コメントをするにはログインまたは会員登録が必要です

コメント一覧
この記事にはまだコメントが投稿されていません
カテゴリ