ガソリン関連ニュース&お知らせ

ガソリンスタンド関連のニュースやサービスからのお知らせ、ガソリン価格集計レポートを配信しています

2019年7月1日

7月1日デビューのEneKey(エネキー)を使ってみました!

こんにちは。
gogo.gs事務局 古沢です。

本日7月1日から、ENEOSのセルフガソリンスタンドで利用できるスピード決済ツール EneKey(エネキー)がデビューしました。



さっそくガソリンスタンドで EneKeyを作り、EneKeyで給油してみました!

EneKeyって、どの位の大きさなの?スピードパスとの差は?など、EneKey本体に関すること。
EneKeyって、どうやって作るの?すぐ使えるの?など、EneKey発行・利用方法に関すること。

これらEneKeyに関する情報を、詳しくお伝えいたします!

目次
  • 1. EneKey(エネキー)の大きさは?
  • 2. ENEOSセルフでEneKey(エネキー)を新規発行
  • 3. ENEOSセルフでEneKey(エネキー)を使って給油
  • 4. ENEOS EneJet でEneKey(エネキー)を新規発行
  • 5. ENEOS EneJet でEneKey(エネキー)を使って給油
  • 6. EneKey(エネキー)はどこで作るといい?


1. EneKey(エネキー)の大きさは?


EneKeyの大きさは、どの位なの?

車のキーなどに付けて持ち歩く方も多い、ガソリンスタンドで利用できるスピード決済ツール。
大きかったり、重かったりすると困ってしまいますよね。



こちらが車のキーと比較したサイズ感です。
車のキーと比較すると、やはり薄くて小さいですね!

これまでの決済ツール スピードパス・スピードパスプラスと比較するとどうでしょう?

チラシの写真を見るだけでは、大きさや厚さ、重さの感覚が分からないので、実際に入手したEneKeyとスピードパス・スピードパスプラスを比較してみました!



長さを測ってみました!



重さを量ってみました!



EneKeyは、スピードパスと比較すると、少し大きくなりましたが、厚さは薄くなったので、かさ張らないですね。

重さは、スピードパスと比較すると2倍以上になりますが、これはキーホルダーが重くなったためです。
キーホルダーを外した EneKey本体自体の重さは、3gと軽く、スピードパスとほぼ変わりませんでした。

2. ENEOSセルフでEneKey(エネキー)を新規発行


今回新たにスピード決済ツールを導入することになった、ENEOSのセルフガソリンスタンド(元からENEOS)では、どのような対応をしてくれるのか、気になるところ。

ガソリンスタンドに入り、サービスルームにいるスタッフの方に「EneKeyを作りたいです」と声をかけ、車を指示された場所へ停車して、店内へ入りました。

サービスルーム内には、EneKey誕生のチラシが壁に貼ってあり、事前に告知していた様子が伝わります。



封筒に入っている新品のEneKeyを取り出し、EneKeyに紐づけるクレジットカード情報を登録。
今回は、すでに持っていたENEOSカードを紐づけることにしました。
これで、いつでも請求時に2円/L引きですね。



免許証を専用パッドで読み取ると、氏名・住所等が自動で情報反映されるため、内容を確認。電話番号やフリガナなどは入力を行いました。
登録内容を全て確認して、パッド内に署名すると、スタッフの方が承認を行い、エネキーの発行が完了です。

本当に3分位でできました!!

最後に、EneKey利用時の注意事項(1日の上限額・回数、紛失時の対応など)を説明していただき、終了です。

EneKeyの発行方法はしっかりと把握していたようで、スムーズに発行してもらえました。

3. ENEOSセルフでEneKey(エネキー)を使って給油


EneKeyは、発行直後から、すぐに利用することが可能です。

早速、EneKeyを使って、給油してみましょう!





これまでの給油機の画面に、【EneKey】の選択肢が追加されました。

今回は、初めてだったので、支払い方法の選択画面で【EneKey】を選択してから、EneKeyをかざしましたが、いきなりEneKeyをかざしても大丈夫です。

その場合、④EneKeyをかざす → ⑥油種を選択 の2ステップ で、すぐに給油できます!

4. ENEOS EneJet でEneKey(エネキー)を新規発行


ENEOS EneJet(元ESSO Express)でも、EneKeyを作ってみました!

こちらのガソリンスタンドは、元々ESSO Expressだったお店のため、スピードパス利用者が半数近くいる店舗。
新規発行を行う方より、スピードパスからの切替えを行う方が多いようです。

私は、切替えではなく新規発行のため、手続きの手順は、ENEOSセルフと同じように進みました。
(切替えの場合は、スピードパスに紐づけているクレジットカードを提示します。)

こちらは、いつも利用するビューカードを登録しました。
Tポイントも紐づけられるかな!?と思って提示したのですが、ビューカードはENEOSで利用するとポイント2倍になる提携カードでしたので、Tポイントは紐づけられませんでした。

登録するクレジットカードが、Tポイントの紐づけができるカードか分からない場合は、店頭で確認してもらうと確実です!
Tポイントカードをお持ちの方は、念のため持参するといいですね。

ENEOSの提携クレジットカードについては、
“ENEOSで使える新ツール・EneKey(エネキー)とは!?スピードパスはどうなる?”
の記事内に、一覧表の写真がありますので、合わせて確認してみてください。


※ 店内レジカウンターにも、EneKey読み取り機が置いてあります。

こちらの店舗にEneKeyを作りにいったのは、午前11時頃ですが、すでに50名近い方がエネキーの切替えに訪れているそうです。

早い人は、開店の朝6時と同時に来られたようです…

私が手続きしている間にも、スピードパスからの切替えの方が2人いらっしゃいました。

スピードパスユーザーにとって、EneKeyへの注目度の高さが分かりますね!!

5. ENEOS EneJet でEneKey(エネキー)を使って給油


さっそく作ったEneKeyで、給油してみましょう。

こちらの店舗でも、支払い方法を選択する画面に、【EneKey】が追加されていました。



EneKeyをかざして、油種を選択!

ENEOS EneJet店でも、ENEOSセルフと同じ、2ステップで簡単に給油ができました。

6. EneKey(エネキー)はどこで作るといい?


私は、今回EneKeyを、2つのガソリンスタンドで作りました。

ENEOSセルフでは、先着順でのプレゼントということで、エネゴリ君のタオルをいただきました。



ENEOS EneJetでは、すぐに使えるガソリン・軽油 10円/L割引チケット と 3回使えるお得なチケットをいただきました。



どこの店舗で作っても、全国どこのENEOSセルフスタンドで使える EneKeyですが、お店によって、発行時のサービスが異なるようですね!

エネキーを発行した店舗からのお得なメールやハガキなども届くので、よく利用する店舗で発行・切替えがおススメのようですが、おまけに釣られてしまってもいいのかも…( *´艸`)

すでにスピードパスをお持ちの方は、ENEOS統合前の旧ブランドを問わずに、全国のENEOSセルフスタンドで利用できるEneKeyに、お早めに切り替えると便利そうです!
また、スピードパスをお持ちでない方も、クレジットカードを利用するようであれば、無料で作ることのできるEneKeyを持っていて、損はなさそうですよ!

最近は、〇〇Payなどスマホ決済が急激に増えてきて、どこの会社を利用した方がいいのか迷ってしまいますよね。
そのような方も、ガソリンスタンドの支払いに関しては、新たな決済ツール EneKeyにチャレンジしてみると、支払いがスムーズに便利になりそうです。



【関連記事】
“ENEOSで使える新ツール・EneKey(エネキー)とは!?スピードパスはどうなる?”

“ありがとう!ESSO・Mobil・ゼネラル ~消えゆくブランドをスタンドラリーで振り返ろう~”
コメント投稿

コメントをするにはログインまたは会員登録が必要です

コメント一覧

2019/8/1 10:25

 私の場合エネジェット給油で、エネキーにエネオスカードSを紐付けで2円引きに(カード引き落とし時に)、トクタスメール会員で2円引きの4円引きになってます。

 125ccのスクーターなのでまあたかが知れていますが車でしたらかなり大きいかなと思いますね。

naoge

2019/7/2 08:58

利便性もさることながら、気になるのは「お値引き」です。

ENEOSセルフ店舗では、EneKeyに紐付けしても
値引き加算されるケースは殆どありませんでした。
ただ、一部店舗ではこれまで値引きのなかった
一般クレジットカードにEneKeyを登録する事で
1円値引きされる様になったので今後、他店でも
EneKeyでの値引きが入ってくるかもしれません。

Enejet店舗では、EneKeyはSpeedpassと全く同じ
扱いです。EneKeyは登録するクレジットカードの
種類に関係なく、最低でも2円は値引きされます。

・ENEOSセルフ=ENEOSカード
・Enejet=ポイント還元率の高いクレジットカード

にそれぞれ登録すれば、給油メリットが大きいと思います。
それと、Enejetではあと1年間Speedpassが使えるらしいので
急いでEneKeyに切り替える必要はないと思いますが、
キャンペーン期間中に切り替えると色々特典があるので
景品をゲットしたい方は、手続きは今月中がお薦めです♪



ha5fmzks

カテゴリ