ガソリン関連ニュース&お知らせ

ガソリンスタンド関連のニュースやサービスからのお知らせ、ガソリン価格集計レポートを配信しています

2020年11月27日

スピードパス12月でサービス終了!切替えは?スピードパスプラスは?

こんにちは。

gogo.gs事務局 古沢です。


現在ガソリンスタンドでは、キーホルダー型の決済ツールが多く発行されており、ご利用されている方も多いと思います。


EneKey、Easy Pay、Drive Pay とありますが、皆さんどれをお使いになっていますか!?


キーホルダー型の決済ツールの始まりは、スピードパスでしたね!




スピードパスは、2019年6月末で新規発行は終了となっていますが、ついに12月末日をもってサービス終了となります。

切替えは?解約は?スピードパスプラスはどうなる?について、ご紹介します。


EneKeyへの切替えがおススメ!

スピードパスは、12月末日でサービス終了となり、来年1月より利用することができなくなります。


現在もご利用されている方は、お早目にEneKeyへの切替えをおススメします!


ガソリンスタンドで切替え

スピードパスに登録しているクレジットカードと運転免許証を持参して、手続きを行います。

スピードパス本体は不要です。その場で新しい EneKeyが発行され、スピードパスは即時無効となります。


HPから切替え

EneKeyへ切替え

こちらのページからメールアドレスを登録後、案内メールが届きます。

スピードパス番号、登録のクレジットカード番号、生年月日を入力して、切替え手続きを進めていきます。


後日、EneKeyが送られてきたらすぐに利用できますが、スピードパスの解約は自分で退会手続きを行う必要があります。


お近くにENEOSのガソリンスタンドがある場合、店頭で手続きをした方が簡単そうですね。


スピードパスを解約

すでに新規で作成したEneKeyを持っている場合や、今後EneKeyのご利用予定がない場合は、スピードパスを解約しましょう。


解約しないとどうなるの?

スピードパス ヘルプデスクの方に確認したところ、解約手続きを行わないと、登録した情報が残ったままとなるため、解約手続きを行った方がよいそうです。


解約時には、スピードパス番号が必要となります。


スピードパスに関するお知らせのお手紙が届いている場合、封筒の宛名にも番号の記載があるそうです。


また、スピードパス本体には、個人情報は一切記録されていないため、情報漏洩の心配はないようです。


スピードパスプラスはどうなる?

スピードパスの機能に、QUICPay機能を搭載したスピードパスプラスや、nanaco機能を搭載したスピードパスプラスnanacoがありますね。


これらは、スピードパス同様に2019年6月末で新規発行は終了していますが、サービス終了とはならず、来年1月以降もガソリンスタンドでも利用可能 となります。


サービス利用終了については、現在のところ未定となります。


スピードパスプラスnanacoに代わる ENEOS nanacoのサービスも始まっていますが、こちらは発行手数料 300円(税込み)がかかります。


また、スピードパスプラスを解約する際、QUICPay・nanacoも登録している場合は、それぞれのサービスを解約する必要がありますので、ご注意ください。


詳細は、下記よりご確認ください


スピードパスプラスよくあるご質問

以上、スピードパスのサービス終了について、お届けしました。


この前まで、大々的に EneKey 1周年キャンペーンを行っていたので、すでに切替えている方も多そうですね。


ESSO・Mobil・ゼネラルの看板が2019年6月に消えてから1年半。スピードパスのサービスもいよいよ終了。


今後は、来春に出光昭和シェルのブランド統合もあり、ガソリンスタンドのブランド同様、決済ツールも絞られていきそうですね。


コメント投稿

コメントをするにはログインまたは会員登録が必要です

コメント一覧
この記事にはまだコメントが投稿されていません