ガソリン関連ニュース&お知らせ

ガソリンスタンド関連のニュースやサービスからのお知らせ、ガソリン価格集計レポートを配信しています

2020年3月18日

出光と昭和シェルが新ブランド統一と報道!ガソリンスタンドのブランド割合どうなる?

こんにちは。
gogo.gs事務局 古沢です。

出光興産は、「出光」と「昭和シェル」のガソリンスタンドを2021年から順次、新ブランドに統一する方針を固めた、と3月17日付の日本経済新聞にて報道されました。



2019年4月1日に、出光興産と昭和シェル石油が経営統合してから、ちょうど1年。いよいよブランド統一に向けて動き出すようです!


「出光」と「昭和シェル」が新ブランドに統一されると、ガソリンスタンドの勢力図はどうなる!?

「出光」と「昭和シェル」の決済ツールやサービスはどう違う!?


本日のgogo.gsニュースでは、「出光」と「昭和シェル」ブランド統一後のガソリンスタンド勢力図 & 両ブランドの決済ツールやサービスの違いに着目して、詳しく見ていきたいと思います!


ブランド別!ガソリンスタンド店舗数割合


「出光」「昭和シェル」が新ブランドで統一した際、ガソリンスタンドのブランド別の割合は、どのように変わるのでしょうか!?

さっそく、グラフで見てみましょう。



すでにESSO・Mobil・ゼネラルとブランド統一を完了している「ENEOS」が、全体の45%と半数近くを占めて1位です。2位の「出光」12%と3位の「昭和シェル」10%が統一され、新ブランドのシェアは22%となります。現在4位の「コスモ石油」のシェアは、10%。

ざっくり言うと、「コスモ石油」の倍が、「出光」「昭和シェル」の新ブランド。「出光」「昭和シェル」の新ブランドの倍が、「ENEOS」 となります。

それでは、その他のブランドも含めた、もう少し詳しいブランド別店舗数を表で確認してみましょう。



2020年3月17日時点でgogo.gsに登録されている情報では、このような店舗数となっております。

先ほど、コスモ石油までは詳しく見ましたが、現在4位のコスモ石油の次に多いブランドは、JAで7.2%。続いての キグナス、SOLATOは、それぞれ全体の1%台の割合となります。

「出光」と「昭和シェル」比べてみました! ~支払い編~


「出光」と「昭和シェル」の新ブランド統一後は、支払い方法はどうなる!?「出光」と「昭和シェル」の支払い方法の違いを比べてみました。



「出光」と「昭和シェル」の違いを確認するのと一緒に、先にブランド統一を行ったENEOSの事例も参考に、見ていきましょう!

元売り系クレジットカード


ガソリン価格が割引となる元売り系クレジットカードは、「出光」は年会費永久無料の「出光カードまいどプラス」に対し、「昭和シェル」は、年間24万円以上の利用で年会費無料となる「シェルスターレックスカード」。

レギュラーガソリンの割引額は「出光カードまいどプラス」は一律2円/L引きなのに対し、「シェルスターレックスカード」は利用金額に応じて最大8円/L引きとなります。

クレジットカードの年会費や割引額を比較してみると、カードの特徴が大きく異なります。

ENEOSの場合
ブランド統一に先駆け、元売り系クレジットカードの相互利用が可能となりました。
ただし、現在はESSO・Mobil・ゼネラルのガソリンスタンドで利用できたシナジーカードは、新規の申し込み受付を終了しています。

共通ポイントカード


「出光」は、楽天ポイントカード。「昭和シェル」は、Pontaカード。
どちらもコンビニをはじめ、ガソリンスタンド以外のお店などでも利用できる、共通ポイントカードとなります。

ENEOSの場合
ENEOS = Tポイント、ESSO・Mobil・ゼネラル = nanaco でしたが、現在は両方利用できる店舗もあります。

支払いツール


「出光」は、プリペイド方式の出光キャッシュプリカ。プリカ利用で、2円/L引きになる店舗も多いですね。
「昭和シェル」は、EasyPayを導入。クレジットカードと紐づけたICキーホルダー型の決済ツールです。

ENEOSの場合
ESSO・Mobil・ゼネラルで利用できたスピードパスがありましたが、ブランド統一後に新決済ツール EneKeyを導入しました。


「出光」と「昭和シェル」比べてみました! ~サービス編~


続いて、「出光」と「昭和シェル」のサービスの違いなどを比べてみました。



ハイオクガソリン


「昭和シェル」と言えば、ハイオクガソリンのV-Powerを愛用している方も多いかと思います。一方「出光」のハイオクは、出光スーパーゼアスとなります。
それぞれにファンがいるため、ブランド統一後のハイオクガソリンは、どうなるのか気になるところですね。

ENEOSの場合
ハイオクは「ENEOS ヴィーゴ」を販売していましたが、ブランド統一前の2018年10月から、新たに「ENEOS ハイオクガソリン」が販売されました。
実は、これはエッソ・モービル・ゼネラルで販売されていたハイオクガソリン「シナジー F-1」と同じ品質となります。

ENEOSのハイオクガソリンは、ESSOと同じものになった!って知っていますか!?

アプリ


アプリについては、現在「昭和シェル」のみ「Shell Pass」というアプリがあり、クーポンなどを入手することができます。


その他にも、「出光」で展開するカー用品やクルマのメンテナンスサービスの「アポロハット」や、「昭和シェル」のシェル電気などがありますね。

これらのサービスについても、今後どのように展開していくのか注目です!

現在のところ、2021年以降に新ブランドで統一する、というニュースが出たばかりで、出光興産から詳細の発表はされておりません。
どのような新マークになるのか、とても気になりますが、マーク以外にも、気になることがたくさんありましたね!

詳細情報が発表され次第、gogo.gsニュースでも詳しくお伝えしていきたいと思います。

今後も、gogo.gsニュースで、最新情報を共有していきましょう!


合わせて知りたい!
「出光」と「昭和シェル」の経営統合までの流れは、こちらをチェック!!

出光と昭和シェルの経営統合決定!これまでの道のりをまとめて解説


コメント投稿

コメントをするにはログインまたは会員登録が必要です

コメント一覧

2020/3/19 13:35

業界紙によると、4月から出光独自の非接触型IC決済ツール(名称不明)の導入が順次、始まるようです。
シェル店舗でしか使えなかったEasypayを相互乗り入れするため、IC読み取り機能のないPOS外装機を
入れ替え、当面は出光マークのセルフ店舗でのみ使える「出光式Easypay」とでもいいましょうか。 
出光カードをはじめとする提携クレジットカードとの紐付けで給油の迅速化が可能になりますね。

・出光マーク=「出光カードまいどプラス」「出光キャッシュプリカ」「Rポイントカード」
・Shellマーク=「Starlex Card」「Pontaクレジット」「Pontaカード」「Shell Pass」

上記給油カード・割引ツールに関しても(*1部を除き)来年4月までに相互乗り入れが可能に
なる予定です。給油ツール相互乗り入れが完了してから、既存塗装の塗り替えが始まります。

現在は、出光興産=アポロマーク、昭和Shell石油=Shellマークの商標で運営していますが
ソフト・ハード両面の相互乗り入れが完了する来年4月以降に、外装変更が始まる予定です。
現在使用されているShellマークの商標使用料としてロイヤル・ダッチ・シェル本社には
年間およそ100億円が支払われており、出光としても早くマーク変更したいのが実情です。
(EMG吸収後のENEOSがエクソンモービル社に支払った商標使用料は約170億円/年らしい)

出光の販売店、昭和シェルの特約店はそれぞれ長年慣れ親しんだ商標看板に愛着があるため
外装変更には抵抗があるでしょう。が、昭和シェル石油は現在、出光興産の100%子会社。
来年のShellマーク完全撤去は避けられません。一方、出光のアポロマークは現状のままか、
或いはマイナーチェンジした「出光昭和シェル」の新マークが掲げられるものと思われます。
昭和シェル石油に愛着のある店主や顧客の気持ちを配慮して、昭和シェルのカラーリングを
外装の一部に残したアポロマークが誕生する可能性も高いでしょう。歴史ある昭和シェル石油
へのオマージュ、といったところでしょうか。

まずは双方の決済・ツールがどのタイミングで利用可能になるのか、注視していきます。
新・アポロマークが誕生するのは一年以上先の話なので、それまでに昭和シェル石油の
美しい外装を記録しておくため、山奥の店舗を中心に撮影していくつもりです。
        

ha5fmzks